So-net無料ブログ作成
検索選択

米国公認会計士(USCPA)は初心者でも合格できる試験です

あまり知られていませんが、米国公認会計士(USCPA)初心者でも合格できる試験です。

なぜ初心者でも合格できるかというと、米国公認会計士(USCPA)は通常ありがちな競争試験ではなく、75点というボーダーをクリアーすれば合格できる試験なので、基本的に難問奇問といった問題はでません。また、会計士なら知っていて当たり前の知識が問われるので、学習範囲がある程度決まっているためです。

米国公認会計士(USCPA)は2011年より日本国内でも受験可能(試験日も自分で決めることができます)になったため、 忙しい方でも無理なく受験することが可能です。

>>国際資格の専門校アビタスの米国公認会計士(USCPA)コース<<
-  |  次の3件 »

米国公認会計士を取得するための勉強時間

米国公認会計士の勉強時間は目安として、

初めて勉強する方は1000時間以内、

簿記2級以上の取得者の方が700時間前後となっています。


つまり、1年で米国公認会計士の資格取得を目指すなら、

資格スクールに通いながら週に2~3回の講義と自宅での復習などを

合わせて、毎日2~3時間くらいするのが必要でしょう。


そして1日の勉強時間はだいたい、3~4時間くらいです。


また半年から1年で米国公認会計士の資格を取得したい場合は、

1日6~8時間の勉強時間が必要となります。


そして社会人の方など、仕事と両立しながら米国公認会計士の合格を目指す場合、

週に20時間前後の勉強時間が確保できると良いでしょう。



より早く効率的に米国公認会計士の資格取得を目指したいなら、

アビタス米国公認会計士コースに通ってみると良いでしょう。


⇒ 国際資格の専門校アビタスの米国公認会計士(USCPA)コース


米国公認会計士の年収

米国公認会計士の年収は、働く場所や働き方によって差があります。


米国公認会計士を取得して一般企業の財務経理職で働く場合ですが、

その平均額は、30歳前後で国内メーカーだと約500万円

外資系企業だと600~700万円くらいの年収となっています。


また監査法人での勤務だと、30歳前後の方の場合、

平均で初年度が600~700万円前後で、 ある程度の経験と実績を積めば、800万円ほどの年収になるようです。


また米国公認会計士は、業務プロセスビジネスモデルなどに精通して

いるので、コンサルタントとしても活躍していけます。


外資系コンサルティング企業での勤務は、年収の平均が800万円以上と言われています。


わりと高い年収が得られるようになる米国公認会計士の資格の取得を考えているなら、

アビタス米国公認会計士コース勉強してみると良いでしょう。


>>国際資格の専門校アビタスの米国公認会計士(USCPA)コース<<


米国公認会計士は日本で受験できる?

米国公認会計士の試験ですが、

2011年から日本でも受験できるようになりました。


この米国公認会計士試験を日本で受験すると、3つのメリットがあります。


・まず1つ目は、渡米の渡航費、現地での宿泊費が不要ということです。

・そして2つ目が、日本だと土日でも受験できるので、
仕事を休まず受験が可能ということです。

・3つ目は、1科目ずつの試験対策に専念できるという点です。



渡米しての受験場合には、コストをかけすぎないために、

1回に何科目かを受験するのが通常でした。


しかし米国公認会計士試験を日本で受験すると、渡航費・宿泊費が不要なので、

1回に1科目ずつの受験することが可能になります。


よって、1科目ずつ試験対策に専念することができるのです。


より資格取得の障害が少なくなった米国公認会計士の資格合格を目指すなら、

アビタス米国公認会計士コースに通ってみてはいかがでしょうか。


>>転職に有利な資格、米国公認会計士(USCPA)。学ぶなら、アビタス<<


-  |  次の3件 »
Copyright © 米国公認会計士の年収は?USCPA取得はアビタスで♪ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。